麩と小松菜の野菜炒め - カジュアル マクロビオティック Dining ゆん's レシピ

Home > スポンサー広告 > 麩と小松菜の野菜炒め

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

あかまる URL 2007-09-28 (金) 13:18

あっさり食べられるヘルシーな料理ですね。

ゆん URL 2007-09-28 (金) 16:20

ありがとうございます。また、良ければ作ってみて下さいね。また感想など聞かせていただければうれしいです☆

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://macrobiyun.blog115.fc2.com/tb.php/115-d9e8056a
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from カジュアル マクロビオティック Dining ゆん's レシピ

Home > スポンサー広告 > 麩と小松菜の野菜炒め

Home > マクロビオティックレシピ > 麩と小松菜の野菜炒め

麩と小松菜の野菜炒め

マクロビオティックレシピ今回の『麩と小松菜の野菜炒め』は、“麩”(ふ)を使った料理です。


“麩”はマクロビオティックでは、たんぱく質の重要な供給源となります。


そのため、色々なお料理に使うようにしています。


“麩”は小麦たんぱくから出来ています。
“麩”については『観世麩の煮物』で説明しているので、またご覧になって下さい。


今回は小町麩を使いましたが、板麩にするともう少し弾力があり食べごたえがあります。


“麩”を野菜と炒めることで、“麩”に野菜のエキスが染み込み、味気のない“麩”がとてもおいしくなり、食べやすくなります。




★☆麩と小松菜の野菜炒め☆★


-材料-(2人分)1人分のエネルギー75kcal


小松菜-----2束
大豆もやし-----1袋
玉ネギ-----1/4個
ピーマン-----1個
人参-----1/5本
エリンギ-----2本
麩(ふ)-----5g
オリーブ油-----小さじ1/2
塩-----少々
こしょう-----少々


作り方


1. 麩は水に5分浸し、しぼっておく。


2. テフロン加工されたフライパンにオリーブ油をひき熱し、たんざく切りにした人参・薄切りにした玉ネギを入れ炒める。


3. 次に大豆もやし、3cmくらいに切った小松菜の茎の部分を入れてさらに炒める。


4. たんざく切りにした赤ピーマン・エリンギを加えて炒め、少ししたら残りの小松菜を入れる。


5. 小松菜が少ししんなりとしてきたら野菜をフライパンの端に寄せ、片方に野菜の汁が集まるようにして、その中にしぼった麩を入れ野菜の汁を吸わせる。


6. 麩に野菜の汁が染み込んだら全部が混ざるように炒め、塩・こしょうで味を整えて出来上がり☆☆☆


★レシピではテフロン加工のフライパンを使用しています。気になる方は、他の調理器具を使って下さいね。その場合、油の量を増やして下さい。エネルギーも増加します。油は小さじ1杯につき37kcalです。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

レシピランキングに参加中でーす
ランキングに参加しています。ポチッとクリックしていただけたら励みになります。m__m

スポンサーサイト

Comments:2

あかまる URL 2007-09-28 (金) 13:18

あっさり食べられるヘルシーな料理ですね。

ゆん URL 2007-09-28 (金) 16:20

ありがとうございます。また、良ければ作ってみて下さいね。また感想など聞かせていただければうれしいです☆

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://macrobiyun.blog115.fc2.com/tb.php/115-d9e8056a
Listed below are links to weblogs that reference
麩と小松菜の野菜炒め from カジュアル マクロビオティック Dining ゆん's レシピ

Home > マクロビオティックレシピ > 麩と小松菜の野菜炒め

★コメント★
★リンク★
★トラックバック★
★Meta★

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。