モロヘイヤと豆乳こんにゃくの西京みそドレッシングがけ - カジュアル マクロビオティック Dining ゆん's レシピ

Home > スポンサー広告 > モロヘイヤと豆乳こんにゃくの西京みそドレッシングがけ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://macrobiyun.blog115.fc2.com/tb.php/81-7c67b528
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from カジュアル マクロビオティック Dining ゆん's レシピ

Home > スポンサー広告 > モロヘイヤと豆乳こんにゃくの西京みそドレッシングがけ

Home > マクロビオティックレシピ > モロヘイヤと豆乳こんにゃくの西京みそドレッシングがけ

モロヘイヤと豆乳こんにゃくの西京みそドレッシングがけ

マクロビオティックレシピは『モロヘイヤと豆乳こんにゃくの西京みそドレッシングがけ』です。


“モロヘイヤ”はウチの庭で採れたものです。苗から育てたのですが、植えてからは特に何もせず食べることが出来るようになりました。生命力にたけた野菜ですね。


“モロヘイヤ”と言えばクレオパトラの食べた野菜で「美容に良い」というイメージがありますが、それだけでなくエジプトの王が大病を患った時に“モロヘイヤ”を食べたら病気が治ったと言われる程、とても栄養的に優れた野菜だと言えます。


“モロヘイヤ”という言葉は「王様の食べる野菜」 という意味だそうです。


これだけの伝説のある“モロヘイヤ”は、特にビタミンA・Cが豊富でカロテン含有量は野菜の中でも1番多いと言われています。


ビタミンA・C以外にもビタミンB群・カルシウム・鉄なども多く含まれています。


これだけでもガン・高血圧・動脈硬化の予防やアンチエイジング・美容に効果がありますが、“モロヘイヤ”に含まれるネバネバ成分の正体はムチンと言われる食物繊維で、消化を助ける働きや肝機能の改善に効果があります。


いいことずくめの“モロヘイヤ”ですが、腎臓結石の原因となるシュウ酸も多く含まれているため、生でも食べれますが下ゆでして食べるようにした方が良いと思います。


今回、“モロヘイヤ”と一緒にあえたこんにゃくはカリスマ豆腐でおなじみの篠崎屋さんから発売されている「職人下仁田豆太郎豆乳入りだい」です。


このこんにゃくはいつもお刺身で食べるのですが、両端を少し残しておき、細かく切って合えました。




★☆モロヘイヤと豆乳こんにゃくの西京みそドレッシングがけ☆★


材料(2人分)1人分のエネルギー56kcal


モロヘイヤ・・・・・1袋
豆乳こんにゃく・・・・・両端少し


☆西京みそドレッシング


西京みそ・・・・・小さじ2
豆乳・・・・・大さじ2
ゆず果汁・・・・・小さじ2
ゆず皮・・・・・少々
甜菜糖・・・・・小さじ1
しょうゆ・・・・・小さじ1
葉種油・・・・・小さじ1


作り方


1.たっぷりのお湯に塩(分量外)をひとつまみ入れ、葉だけをつんだモロヘイヤをゆで、冷水にとり冷ましザルにあげ水気を切る。


2.豆乳こんにゃくは小さめに切っておく。


3.1のモロヘイヤを食べやすい大きさに切る。


4.2と3をあえ、器に盛る。


5.ドレッシングの材料を混ぜ、4にかければ出来上がり☆☆☆


レシピランキングに参加中でーす
ランキングに参加しています。ポチッとクリックしていただけたら励みになります。m__m

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://macrobiyun.blog115.fc2.com/tb.php/81-7c67b528
Listed below are links to weblogs that reference
モロヘイヤと豆乳こんにゃくの西京みそドレッシングがけ from カジュアル マクロビオティック Dining ゆん's レシピ

Home > マクロビオティックレシピ > モロヘイヤと豆乳こんにゃくの西京みそドレッシングがけ

★コメント★
★リンク★
★トラックバック★
★Meta★

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。